HOT LOVE


wish

夜になれば
どうせあなたはまぶたを閉じて
あたしを忘れて夢を作るのね

名前を呼べば返事がくる
当たり前のようで嬉しくて
いつの間にか
あたしは勝手に夜と朝を嫌いになっていた


会いたいとお願いしてみても
寂しいと口にしても
変わらない事が悔しくて…
声を殺して泣く事が得意になっていた
過去の自分がうらやましいと
何度も思ったんだ

慣れない街で
右も左もわからないまま
あなたの手を離してしまった

現実は残酷で大嫌いで
当たり前のように太陽はめぐる
いつの間にか
あたしは勝手に毎日を嫌いになっていた


触れたいと祈ってみても
名前を口にしても
変わらない事にも気づいた
泣かない事がだんだん多くなって
すべてを捨てて傍にいたいと思える
あなたを誇りに思えるんだ
[PR]
by hotlav | 2006-08-23 18:58 | 詩人

<< ゜Д゜)おごり(゜Д゜      ゜Д゜)大阪(゜Д゜ >>

Mつんが書いてくれた~wwありがとうww
by hotlav
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30